看護師やりがい知識技術

看護師は知識と技術を生かせるやりがいのある仕事です

看護師は女性に人気のある職業です。しかし最近は男性が付きたい職業としても定着してきました。看護師になるためには専門学校や大学で知識を学び技術を身につけます。学校を卒業後は国家試験を受験することになります。そして、試験に合格してはじめて看護師として働くことが出来るのです。しかし、病院で働き始めてからが本当のスタートです。先輩や医師のもとで学んできた知識や技術を磨いていかなければなりません。特に採血は繰り返し行い経験を積むことで上達していきます。患者の中には元々血管が細い人や投薬や喫煙の影響で血管が固くなっている人たちがいます。その人たちの採血はベテラン看護師が行う事が多いです。それは経験に基づいた熟練の技があるからです。経験が必要なのは技術面だけではありません。例えば、子供の患者はなかなか指示に従ってくれない時や注射が怖くて暴れたりすることがあります。その際に、どうすれば指示に従ってくれるかも経験を積んで学ぶことだと思います。看護師は気力体力を使う大変な仕事です。しかし、病気の人が健康を回復し「ありがとう。」と言ってくれた時はうれしいものです。何よりも人の役に立てるやりがいのある仕事ではないでしょうか。 看護師 志望動機の努力は必要です。

命を預かることは看護師としてのやりがい

看護師は命を預かる仕事です。 人間は、怪我をした時病気をした時、又は自分一人で解決できない時に病院にいくものです。 その時に、お医者様より先に出会うのが看護師です。 先に話をし、症状を説明し、案内してもらって待ちます。 患者はお医者様に会う時間よりも看護師の方と会う時間の方が長いのです。 それが入院になった場合は余計に長くなります。 入院中の患者と密に接することによりその方の何時もの容体を確認します。 お見舞いに来る家族よりも長い時間、呼ばれれば呼ばれた時に、姿を見る仕事でもあるのです。 ナースコールと呼ばれるものが各ベッドに一つついています。 それを鳴らせば誰かしらが来てくれて助けてくれる、患者にとってはとてもありがたいものです。 その方の症状をいつも見て変化に気づくのも看護師が先のケースが多いですです。 入院中の患者、特に手術後の患者は急にどんな容態になるのか誰にも予測できません。 命に関わる手術の際には集中治療室において24時間管理されることもあります。 その管理をするのも仕事の一つです。 つまり、患者の命を預かっている大切な役割を果たしているのです。 そこにやりがいを感じることができる方はこの仕事にとても向いているでしょう。